faq
お問い合わせ
English Site 
> BMLinkSの概要

BMLinkS とは

 

  • BMLinkSは「Business Machine Linkage Service」の略称で、「ビーエムリンクス」と呼称します。
  • BMLinkSは、一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会 BMLinkSプロジェクト委員会が提唱するコンセプトで、ネットワーク環境下でのオフィス機器間の接続性、データ交換性を飛躍的に向上させる「統合化したインターフェース」の実現を目指します。
    その目的は以下の通りです。
    • オフィス機器を利用するユーザの利便性や知的生産性の向上
    • ビジネス機械・情報システム産業の総合的発展への寄与
  • BMLinkSプロジェクト委員会は標準化・共通化活動を通じて、「ドキュメント流通インフラ」の構築を推進します。「ドキュメント流通インフラ」とは、BMLinkSプラットフォームを採用したマルチベンダーのオフィス機器やオフィスソフトウェアが、ネットワーク(インターネット/オンライン形態)や記憶媒体(USBメモリ/オフライン形態)を介して相互に接続し、文書のスキャン・ストレージ・プリント、また機器管理等を通じて、知的生産者の活動成果である知識を流通できるようにする環境です。
  • BMLinkS の機能は、BMLinkS対応オフィス機器(複合機・プリンタ・スキャナ等)と、BMLinkS共通ソフトウェア(統合プリントドライバ・ストレージサービス・ドキュメントビューア等)として提供されます。
  • 「BMLinkSプラットフォーム」と「ドキュメント流通インフラ」の位置付けは以下のとおりです。
    (詳細はBMLinkS活動趣意書をご覧ください)

    「BMLinkSプラットフォーム」と「ドキュメント流通インフラ」の位置付け


JBMIA
Copyright (C) 2002- by Japan Business Machine and Information System Industries Association. All Rights Reserved.