faq
お問い合わせ
English Site 
> BMLinkSの概要

ドキュメント流通インフラの完成

ドキュメント流通インフラの完成

1. ドキュメント流通インフラの構築

BMLinkS対応機器とBMLinkS共通ソフトウエアを使用することで、BMLinkS文書流通インフラを構築できます。

できるようになったこと

  • マルチベンダー間での文書のスキャン/ストレージ/プリント連携が簡単に実現できます。
  • PCレス環境での文書流通が実現できます。


提供する共通ソフトウェア

  • BMLinkS 機器検索サービス <特長>
  • BMLinkS ストレージサービス <特長>
  • BMLinkS ドキュメントビューア <特長>
  • BMLinkS 統合プリンタドライバ <特長>

具体的提供サービス

  • 自分のPCを持って移動する場合は
    →ネットワーク保存(PCへ)、保存文書印刷、機密印刷をすることができます。
  • 自分のPCを持たないで移動する場合は
    →ネットワーク保存(サーバへ)、ネットワークコピー、保存文書印刷をすることができます。

2. デバイス管理の実現

マルチベンダー機器をより安心して効率的に使えるデバイス管理を実現できます。

できるようになったこと

  • マルチベンダー機器が混在した使用環境において、統一的な方法で機器の設定、監視、及び利用履歴情報の取得ができます。
  • 従来の標準MIBではできなかった、コピー、スキャン、ファックスジョブなど、MFP特有の情報へのアクセスができます。
  • マルチベンダー機器を効率的に管理するデバイス管理のアプリケーションを開発し易くなります。

具体的提供サービス

  • マルチベンダー機器に対して、 IT管理者は統一的に、
    • ネットワークやアドレス帳等の設定ができます。
    • 機器の状態を監視し、警告、エラー、トナー残量、用紙残量、TEC値などのエコ情報等を知ること ができます。
    • 機器の利用履歴(プリント、コピー、スキャン、ファックス等のMFPのジョブ履歴)を把握することができます。
    • 外部機器から、スリープまたはオフへの移行、スリープ移行タイマー値を変更することができます。

3.情報マーキング機能の実現

マルチベンダー機器をより安心して使えるセキュリティを実現できます。

できるようになったこと

  • マルチベンダー機器が混在した使用環境において、紙文書にマークを付与し、複写を防止することができます。
  • マルチベンダー機器が混在した使用環境において、紙文書にマークを付与し、最初と最後の操作情報を記録することができます。
  • 外部システムとの連携により、電子文書(PDF)対応、トレースログによる多世代トレースを行うことができます。

具体的提供サービス

  • マルチベンダー機器に対して、
    • プリントまたはコピー出力時に、複写防止するマークを付与することができます。
    • マークが付与された文書から、最初と最後の操作情報を認識することができます。
    • スキャン、プリント時に電子文書のメタ情報を認識、変更することができます。
    • 多世代トレースを可能にするログを生成し、アプリケーションへ送ることができます。


JBMIA
Copyright (C) 2002- by Japan Business Machine and Information System Industries Association. All Rights Reserved.