faq
お問い合わせ
English Site 
> プロジェクト会員の募集

会員の種類と権利・義務

2017年9月1日改定

会員の種類

Board会員(BM) Regular会員
(RM)
Associate会員
(AM)
活動範囲

委員会規約で定める目的に添った活動、及び、本委員会の運営・管理

委員会規約で定める目的に添った活動

委員会規約で定める目的に添った活動

会員条件

JBMIAの正会員

JBMIAの正会員
または準会員

JBMIAの正会員
または準会員

参加できる会議体
  1. 運営委員会(Board)
  2. 専門委員会、小委員会及びWG
  1. 専門委員会、小委員会、及び、WG
    但し、各委員会の委員長にはなれない
  2. 運営委員会(原則)
    但し、提案・決定・承認の権利はない
  1. RMに原則同じである

  2. AMのみ参加できない会議体・会議があり得る

  3. Board会員にはなれない

会議体における権利
  • プロジェクト運営方針の策定・承認
  • 仕様等の提案、決定、承認
  • WG等の組織化の提案
  • その他の案件に関する決定
  • 仕様等の提案
  • 専門委、WGでの決定
  • WG等の組織化の提案
  • 仕様等の提案
  • 専門委、WGでの決定
  • WG等の組織化の提案
仕様書権利

全て使用可

全て使用可

全て使用可

共有ソフトウェアのソースコード使用権利 全て使用可 全て使用可 全て使用可
提出義務のある合意書/覚書 BM合意書・確認書 RM覚書及び新規部分に対する確認書* AM覚書**
年会費(2017FY) 155万円 155万円 25万円
認証取得費(2017FY)*** 年会費込み 年会費込み 1機種20万円
(但し、130万円を上限とする)

*  RM覚書: @仕様および共有SWに関する非排他的・妥当な条件で使用許諾の覚書を提出する、A新規に作成される仕様および共有SWに関する確認書を提出する。
** AM覚書:利用可能な範囲の仕様及び共有SWに関する非排他的・妥当な条件で仕様許諾の合意書を提出する。
*** 認証取得費:Associate会員がBMLinkS認証機器へのオフィスサービスへの実装を行う場合に、年会費とは別に支払う。機種はBMLinkSのWEBに掲載の対応製品をベースにカウントする。

 


JBMIA
Copyright (C) 2002- by Japan Business Machine and Information System Industries Association. All Rights Reserved.